Img20050726160014
2月1日、目が覚めると外は一面の雪景色。といいたいところだが、ぼくはその雪の降り始めたのを知っている。なぜならそのときぼくは国道1号線の上にいたから。
仕事で深夜まで会社にいて、現場(カラオケ店)にツールを届け、帰宅しているところだった。突然降り出した雪はみるみるうちにその激しさを増し、家に着くころにはうっすらと積もりはじめていた。「これはこのまま降り続いたら積もるなぁ」と思いながらふとんに入ったのが午前3時半。次に7時前に目が覚めたときにはきっちりと積もっていた。かろうじて2センチほどか。ここまで積もるのは何年ぶりのことであろう。昨年暮れにも雪は降ったが一瞬のことだった。
こんなこともなかなかない、と当然のようにカメラを持って朝の散歩。「犬は喜び庭かけまわり」とはよく言ったもので、コロさんは元気にはしゃいでいた。

最近生活リズムがむちゃくちゃで、深夜に目が覚めることが多い。
この3日ほどを振り返ると、31日 午前3時起床→即寝、1日 寝ずに3時半→雪を見る→即寝、で今日2日 午前4時半起床→寝ずに今に至る(5時44分)。
さすがに疲れがとれない。というか起きる時間が早まっているのか?おじさん化?

写真はminoltaXEにILFORDのカラー現像できる白黒フィルムを入れて撮ってみたもの。仕上がりはいわゆる白黒プリントとは違い、セピアがかったもの。でも数日待つことなくプリントして見ることができるのはありがたいかもしれない。えーっとアップしたものはphotoshopにて完全にモノクロにして、ちょっとだけコントラストをいじった。

さて今日も朝の散歩だ。ただいま午前6時。今ごろになってすごく眠い。2度寝すればよかったと後悔。
Img20050726155928
最近はめぇといっしょにごはんを食べるということが少なくなってしまったので、たまに行くときくらいはおいしいものが食べたい。あてもなくて通りがかりで入ったお店がおいしくなかったり、接客が良くなかったりすると、かなり凹んでしまう。
写真はこないだの日曜日、前から気になっていたお好み焼き・焼きそばの店「粉もん屋」に行ったときのもの。これはタコ玉焼きで、普通想像するキャベツたっぷりのお好み焼きとは違って、タコ焼きの生地で作ったお好み焼き“みたいなもの”という印象。でも味はおいしかった。こないだから仕事で鉄板焼き居酒屋の案件にかかわってたので、同業種のやってることにはつい過剰に反応してしまう。

しっかし、もう3ヶ月くらい髪を切ってなくて。ボサボサ。人生でいちばん伸びてる。めぇには「アキバ系と呼ばれてもおかしくない」とも。いやいや、そこまででは。
Img20050726155811
本日2回目の日記。今日は節分、というわけで太巻き。もちろん丸かぶり。関西の人以外には変だと思われるんだろうな、と思いながらも、恵方(福徳神のいる方角)を向いて、丸々一本かぶりつく。途中でしゃべってはいけない。福を巻き込んだ巻き寿司を、縁を切らないように…と包丁で切らずに食べる。なんとも風流だと思うのだが。

今月のアサヒカメラは読み応え十分。もっと写真が上手くなりたい。
そろそろカスタマイズしたくなってきたぞ。あと、がんばって日記をつけたい。デイリーで。
Img20050726155852
がんばれ肝臓。いや、ぼくのが飲みすぎでへばってるのではなく。っていうかそんな量飲めないし。

割りばしやカップアイスを買ったときに使いそうな木のスプーンが大の苦手。持っていると体から力が抜ける。寒気が体を通り抜ける。今もこう書きながら鳥肌がたった。ほら、あの黒板に爪をたてて… というのと同じ。あんな感覚だと思う。こないだも昼休みに定食を食べてて、気がゆるんだか、つい割りばしについた汁気を吸ってしまった。ほら、こうして書いててももうダメ。とにかくたまらん。これ以上書いてたら気がおかしくなりそうなので、やめよう。

写真は、雪の日の朝。7:05。

とにかくだ。がんばれ、おやじの肝臓。
Img20050726155546
ながらくごぶさたでした。写真を見ていただいたとおりで、2月6日の早朝5:54、父が永眠しました。
最後の2週間、ほんと仕事がバタバタで、ろくに見舞いにも行ってやれなくて申し訳ないことをしたなぁと、すでに後悔。土曜も仕事で、昼食から帰ってきて間もなく病院から連絡があり、朝10時くらいから呼吸が困難な状態になっているとのこと。万一のことを考えて妹たちにも連絡を入れ、病院に駆けつけました。すでに酸素マスクがつけられ、とても苦しそうでした。
今年のはじめ日記に書いた、定期検査でみつかった肝臓の数値の悪化は、肝機能の低下の前兆でした。11月の段階ではぼくにもましてや本人にも異変は感じられなかったのですが、静かに肝臓を蝕み続けていたようで、最後には肝臓は小さく萎縮してしまっており、全く機能しなくなっていたのでした(肝不全というやつ)。
と同時に、ヘビースモーカーだったことが影響しているのか、肺も腫れ上がって大半がダメになっており、そのせいで呼吸が困難になっていました。おなかに水も溜まり、ぼくが駆けつけてから翌朝深夜3時くらいまでは本当に苦しそうでした。意識が遠のいてからは苦しむこともなく、ゆっくりと心拍・呼吸を弱めていったのですが、その苦しんでいる間に力強く兄妹の手を握りしめたり、ぼくの首に手を回して抱きしめてくれようとしていたことなど、今でも思い出します。
日曜に亡くなったので本来なら月曜が通夜、火曜が告別式になるのが普通なのですが、火曜の火葬場が混み合っているらしく、一日ずつずれることになりました。1日余裕があったので、気持ちにも多少のゆとりが生まれましたが、それでも初めて務める喪主ですから、何をして良いのやらわからないことだらけだし、普段から付き合いのない親類に会ったり…と、緊張の連続でした。

なんとか通夜・告別式を執り行うこともでき、骨上げ、初七日まで終えることができました。このあともたくさんやることがあって、とりあえずまだ頭の整理がついていないのですが、ひとつずつ落ち着いてしっかりと片付けていこうと思います。

ある意味、こうして日記を書くことも、普通の生活に戻るための過程のひとつと思い、またゆっくりと書き始めていくつもりですので、みなさまよろしくお願いします。
みずから進んでコーヒーを買うなんてことは今までほとんどといっていいくらいなかったのだけれど、
昨日、スーパーでUCCのTHE BLEND 114というインスタントコーヒーが通常798円→398円だった。
会社のお歳暮でもらったのがおいしかったので、迷わず購入。
最近、会社ではインスタントコーヒーを文字通り「ガブ飲み」してたり。
あと、キムチに異常反応を示したりもする。今も家には安かった浅漬け風キムチ700g298円が。

どちらも親父の好きなものだったなぁと。
意識の及ばないところでどこか気にしてるのかも。
まだまだ心は復活してないなぁと思ってみたりした。

今朝も会社で何をするよりも先にコーヒー。
あんまり飲みすぎてもよくないと思うのだけれど。どうなんだろ。

さっき、ようやくiPod shuffleの出荷完了のメールが届いた。遅っ。