Img_b337f23f025c354e0b07bb0bfbe48aa9aeea050f
Img_8d8a67269a5f518b1e996dfcacc101a6a36d98b7
予定日を2日後に控えての検診終わりからの「ちょっと血が」メールで、早々に退社。















結局、どうも検査で傷がついちゃったみたいだっただけでした。
Img_61f7b50290be20b0eb25afef2cb7b840e27dd7d5
Img_e97199343f6cbc8010438a30af8928c07b811731
たしかに後ろから見ると、ぜんぜんわからん。
Img_9acd5bf698cf64f6f84189f0281a09627ab62a94
なんだかどこかしこもいいsoraだったみたいだ。
Img_9666c8ff2c9a9df8c41743857dffb0f41f1c1d63
セルフタイマーで何度も撮ってみた。リモコンいるなー。だいぶ前の日付なので、こっそりアップ。
Img_2ef1342608a331bd2af9c616d998ddbd9039d7f5
お尻ポケットに入れてたら…割れた…orz(今、オモテは白・ウラは黒というオセロiPhoneになってます)
Img_8444c80c6f805ed4a39712685b34b10930578cc8
Img_44373df6d5d032449949587dbcb262715e7b026b
Img_7bc10fd8c2df18809a4f3ac004def79d5b2e2419
予定日から10日が過ぎ、あまりおなかの中で大きくなりすぎてもいけないとの判断から
16日、陣痛促進剤を投与することに。

朝、簡単な手続きのあと、陣痛室に入院。
9時45分、投与開始。夕方6時までかけて、段階的に量を増やしていくとのこと。
Img_1388aa7b1bc9e6ebbc26e28043392a1f91d6d61b
ベッド脇のナースコール。「お手洗い行きたいんですけど~」にしか使わなかった気がする。


めぇには「余裕っぽかったら仕事行ってきてもいいで」と言われてたので、
とりあえずスーツで行ってたものの、やっぱりいつ何時…と思うと会社なんてどうでもよくって、
まだまだっぽいお昼すぎ、めぇがごはん食べてる間に自宅に着替えに戻った。

Img_6fe97e91f7d7fb0be2b8ef7b6d982e62633eab2e

10:40。モニターで聞いていた心音が弱くなっていく。一瞬の緊張。
どうやら、体勢を変えたときに赤ちゃんの姿勢がちょっとおかしくなったようで、
へその緒から十分な量の酸素が送れなくなってしまったらしい。
しばらく酸素マスクをしているうちに、また元気な音を聞かせてくれるようになった。

よかった。


心音とおなかの張りを監視しているため、
トイレに行くときは、装置を幼稚園児みたいに
斜めがけしておでかけ。
用意されていたピンクの服に照れ笑いを見せる、まだまだ余裕の表情のめぇ。
Img_4fd39c529dfbbd2eae25952206578a439cd83782
Img_d583253d6c6b860c9be248b336319862a02b75c0
当日の出産予定は、自分たちだけだったため、ふたりの最後の時間を楽しく笑いながら過ごすことができた。

夕方4時を過ぎてトイレに行ったら、どうも破水っぽい兆候。

少しずつ痛みを感じるようになってはいたものの、予定の6時までは薬の投与を続け、
本格的な陣痛が来ぬまま時間切れ。
明朝、また仕切り直しで始めましょう、ということで初日は終了。






のはずだった。






6時を過ぎたころ、大阪に住むめぇのおばさんが病院に。
このくらいからすこーし痛みが強くなり、めぇも体に力が入ってしまってた。

19:10。 (Click!) 

時間ごとに担当してくださる助産師さんが入れ替わっていく中、
妊娠中の定期検診で「あの人、恐そうやったよねー」と言ってた人がやってきた。

変に力の入ってためぇさんに
そんなに無理に我慢してたら赤ちゃんにとってすごく負担になってるよ、
力を抜いて、深呼吸して、ほら、今痛み来てるでしょ?もうすぐ引いていくよ…どう?わかった?
そんな風に優しく語りかけてくれ、印象は一変。
主任さんだったことを後で知った。
長い間看護師をされてたおばさんも、あの人なら安心して任しておけるわ、と言って面会終了の8時で帰られた。


ふたたびふたりになってからは、腰をさすったり押したり、
さきほどの看護師さんがアドバイスしてくれるいきみ逃しの方法をあれこれ試してみる。
圧迫する位置が違うかったり、髪をゴムでまとめるのがうまくできなかったり、
何度かめぇにイラッとさせたみたいだけど、それも今思えばいい思い出。


そして
Img_436d51b0a9e1f1b794b08f10edd5265e7dff5568
6月17日午前0時13分。分娩室へ。


扉の前で待たされた十数分間がいちばん長く感じた。
Img_1895d9f3f62a597cdc627d40e3152c7095d70750
生まれた。



2011年6月17日午前1時43分。



2580g、46.2cm、
予定日より12日も長くおなかの中にいたのに、思いがけず小さな小さな女の子が生まれた。



はじめて経験する出産。間近で立ち会った。
分娩室に入って約1時間半。
あっと言う間だったようにも感じるし、長かったようにも思う。

もっと荒れ狂うくらいの痛みがめぇを襲うものだと思っていたけれど、
いや、きっと襲っていたんだと思うけれど、それを感じさせない落ちつきっぷりで、
めぇはゆっくり少しずつ赤ちゃんをぼくたちの世界に連れてきてくれた。



はじめまして。エコーで見た横顔、うんうん、こんな顔だったなぁ。
まだまだ未熟なぼくたちだけど、きみが進んでいく未来を全力で支えていくと誓うよ。

そしてめぇ、本当にありがとう。おつかれさま。
わからないことは山積みだけど、ゆっくりひとつずつ経験して、ぼくたちも親になっていこう。











ちなみに、この写真の前に、分娩台のすぐ近くでカメラを構えて、
前述の主任さんに「ダメって説明受けてますよね?」と怒られたのはぼくです。

やっぱり恐かった。
Img_1465046552d404ae38aac3acf718f258e8adba83
よろしくねー。