Img_f4b13dcc8f17e52f2a784f0a11a79262
IKEAにて。
Img_e226ae0d833d70476a9e27c47ba683bf
Img_2d02674b1e5cbdec43aa2167a39e1bd5
トーマス電車に乗って私市へ。
Img_335dbabd0c761a15f743ac4c600d7ad9
無謀にもベビーカー押してほしだ園地を目指すもあえなく断念し、ハイキングコーススタート地点近くの小川まで戻ってお昼ごはん。
食後は川遊び!と思っていたのにこの華麗なる抵抗(たぶんわたしが川石を踏んで痛い痛い言い過ぎた)。
Img_c2443e3be38a742d9ee6c0d66c1ea655
おじいちゃんが庭先に植えてくれた小さな桜の木に実がついてたよ。

めぇさんの実家で法事のため、前日から徳島入り。気持ち良く晴れ渡っていた。
Img_ec322fb81044b00a2e525ca81753e10e
法事のあと、ぼくだけひとり大阪に戻って1週間、週末にまた迎えに向かった。
おーい、とうちゃん来たよー。
Img_222f137c68608740e332edadaed4d115
Img_7ef1c677313705b568b05a96d9c545ee
ぼくが帰宅して食事をしていると、テーブルを挟んで向こう側の背もたれのないベンチに這い上がっていた詩が…落下。
普段からちょっとやそっとじゃ痛いと言わない詩が、しきりに痛がってずっと泣き続けていた。
写真は自宅で、詩が痛いと言う右ひじを冷やすために冷えピタを当てがっているところ。
しばらくめぇとふたりで様子を見ていたけれど、一向に収まるように思えなかったので、かかりつけの病院に連絡して夜間診察。
痛そうにしていたけど、おとなしくレントゲンも撮らせてくれた。右ひじの骨にヒビが入ってしまっていた。
しっかり固定して包帯巻いてもらったら痛みも和らいだのか、いつものおしゃべりな詩が戻ってきた(超深夜だったけど)。
大きな総合病院で、院内をロボットが行き交ったりするようなところなんだけど、動いてるロボットを見つけてテンション上がってました。

ベンチから落ちていく様子は今でも目に焼き付いてるし、ぼくが早めに何か行動してたら…とか思って後悔もしたけれど、
自分やめぇさんのFacebookやInstagramにいただいたコメントの中で
「自分を責めてもどうもならないし、子供もそうやって危険を知っていくんだから」と言ってもらってすごく楽になりました。ときどき心ないコメントをしてしまうぼくなのに…みなさんありがとうございました。

診察によると全治3週間とのこと。いちばん不便を感じるのは詩本人だろうから、ぼくたちはそれをちょっとでも軽減してあげられるように
万全のフォロー体制で臨もうと思った。詩がんばれー!
Img_eb902748c17b31454af464b19b300f2a
帰りがけに看護師さんが描いてくれたアンパンマンががんばってくれたのか、翌朝にはけっこうケロっとした顔でいてくれた。
アンパンマン、ありがとう!