Img_386763dc32f493520147570f02d11631
詩の主導でツリーのかざりつけ。
Img_2c16b07c31a036ecef0e9caa66c4ada3
Img_d77c704d00ede9d25f22247fd1e4c7ea
親子3代で公園散歩(帝王切開での出産を目前に控え、お義母さんに来ていただきました)。
Img_ffc3f3dc831d8dbb2852c5124012ffe9
めぇからは乗りたがらないと聞いていたタイプのブランコで、ノリノリな人。
Img_d981bbbc053c11057b987c6f4fb5e44c
全然プチを更新していない間にこんなことになりました。
2013年12月10日、15:35、2660g、48cmの男の子が生まれました。

当初は22日頃の出産予定だったのですが、臨月を迎えても逆子が直らずじまいで、
今日の帝王切開での出産と相成りました。

詩のときのような神秘的な瞬間に立ち会うことはできませんでしたが、
ほんの数分前までめぇのおなかの中に居た赤ちゃんが、今目の前に居て、
上の写真のように片目だけはしっかりと見開いて外の世界の様子を確かめ、
ぼくたちの顔をじっと観察している様は、他に同等の例えることのできない素敵なものでした。

もう片方の目がそう見えるから、というのもありますが、
すごくニコニコしているようにも見えたこともとってもうれしかったです。

名前はまだ決めかねているのですが、また詩のときのような写真で紹介できたらな、と思います。


めぇ、ほんとにおつかれさま。
おなかに赤ちゃんを宿したままのやんちゃ姫・詩の世話、日々の家事は
本当にたいへんだったと思います。いっぱいいっぱいありがとう。
大きくなった詩の記憶には全然ないかもしれないけれど、
詩の中のどこかにはめぇのがんばりや、女子ふたりで暮らした日々の思い出がきっと根付いていて、
良いお姉ちゃんになると思うし、素敵な女性になってくれると思います。
ぼくの仕事中の子育てではまだまだいっぱいたいへんな思いをさせてしまうけれど、
最大級の手助けをしていくので、ふたり手をとってがんばっていきましょう。
これからもどうぞよろしくね。

詩へ。
おかあちゃんもおなかが大きかったし、おとうちゃんも最後の数ヶ月は仕事がいっぱいで
家に帰る時間も遅くなって、めいっぱい遊んであげることがふたりともできませんでした。
いっぱいいっぱい遊びたい盛りの時期にいっぱいいっぱい我慢させてごめんね。
でも詩が我慢してくれたおかげで元気な赤ちゃんが生まれてきました。
これからも「詩はおねえちゃんなんだから」とつい言ってしまって、
詩に我慢させてしまうかもしれないけれど、できるだけそれは言わないようにがんばります。
詩が甘えたいときに甘えさせてあげられるだけの、大きいおとうちゃん・おかあちゃんを目指します。
なので詩は、いっぱいいっぱい赤ちゃんにいい子いい子してあげてください。
やさしいおねえちゃんになってください。

息子くんへ。
ゆっくりじっくり時間を取って考えてあげたくて、生まれて来た日を過ぎてもまだ名前が決まっていません。ごめんね。
おかあちゃんのおなかから出てきたあと、お部屋でも元気いっぱいに泣いてくれていたと聞いて、
おとうちゃんは心から安心しました。本当に良かった。
おじいちゃんもおばあちゃんも生野のおばさんもみんなニコニコでしたよ。
詩ねえちゃんは根はやさしいんだけど、気が強いところもあるのでときどき意地悪もするかもしれない。
でもそこは男の子の大きい心でスルッとかわしてあげてください。
おかあちゃんは、生まれてくるまでずっと、自分が男の子を育てられるか心配って言ってたんだけど、
君の顔を見てちゃんとやっていけそうだ、って心強い発言をしてくれました。
おとうちゃんも、自分が子供のときにあまり男の子男の子した遊びをしてこなかったので、
どんな風に触れ合うのが良いか、試行錯誤しながらになると思うんだけど、
精いっぱい子育てとぶつかろうと思うので、君は全力で大きくなってください。
Img_b5ddfec5eb2a3c3b485bad009887fda0
ガラス越しのもどかしさよ。
Img_52d2136a06762b349be55907793010ad
詩と病院へお見舞い。の前のマックスバリュ。の駐車場にて。
チャイルドシートが助手席に移動して大喜び。
Img_795c2817b8fb40b0a231689ae3251a1e
家では強がっていたけれど、やっぱり淋しかった詩。
久々の対面に感極まっているめぇ(涙ボロボロ)。
Img_34d9ff872ffa16cba789a830c0e6d5c7
詩のときは漢字だったなぁ。
Img_d1f6811f0871e7a6fc8014115c964a15
帰宅。さっそくあやしてくれている。